礼拝に出てみよう

初めて、礼拝に出るとき

いま教会に通っている人たちの中には、両親がクリスチャンで、物心ついたときから教会に行っていた、という人もいますが、大人になってから初めて教会に行った、という人もたくさんいます。
その人たちは、初めて教会に行った時の戸惑いや不安な気持ちを覚えていますから、教会に初めて来られる方の気持ちが、よくわかります。
教会って,そういう所ですから、安心して来てください。

どこから入る?

次の写真は、JR本千葉駅からモノレール「県庁前」駅を通って広小路に抜ける道から見た、千葉教会の建物です(昔の県警本部、今の県庁南庁舎の隣の駐車場から見たところです)。
礼拝堂は、少し奥まったところにあります。礼拝のときは、手前にあるベージュ色の建物に受付が置かれ、教会員も新しく来る方も、みんなそこから入ります。

fromRoad

服装は? 持ち物は?

普通に人に会いに行くときの服装でお出でください。礼拝のページの写真も、参考になるかもしれません。

礼拝では『聖書』や『讃美歌』といった本を使いますが、受付で貸してくれますから、持って行く必要はありません。いずれ「家でも読んでみようか」と思うようになったら、書店でお買い求めください。

礼拝のプログラムには「奉献」という、出席者が献金を捧げる場面があります。この献金は,教会のいろいろな活動に使われたり、外部の募金などに捧げられます。
ここで献金するかどうかは、出席者の全くの自由です。受付で献金用の白い封筒をお渡ししますから、心に合う金額のお金を入れるか、あるいは何も入れずに、奉献の式のときに担当者が持って回る袋に入れてください。いくら入れたかは、あなた以外の誰にもわかりません。

何か、させられることはないですか?

 
何かを無理にお願いすることは、一切ありません。

初めて来た方には、受付で「もしできれば、お名前やご住所、この教会のことを知ったきっかけなどを、書いていただけませんか?」と言って、「新来者カード」というものに記入することをお願いします。もちろん、義務ではありません。

そのあと、受付の人などが,礼拝堂の中の空いている席にご案内します。

受付で「OK」と言ってくださった方は,礼拝の中で他の皆さんにご紹介をします。もしよければ、座席でお立ちください。「OK」とおっしゃらなかった方は、ご紹介しません。